カードローン企業の審査に関して

事業主であろうがそうでなかろうが、審査をクリアしなければローン企業に融資してもらうことはできません。
では、どうすれば審査をクリアしやすくなるのでしょうか。
審査で合格しやすくなるためのちょっとしたコツがあります。

まず、過去に「ローンの契約をして、最初の条件通りに返済できなかった」
という経験がある場合は審査で弾かれやすくなります。

また、この先離職するつもりの方は、離職する前に審査に臨んだ方が弾かれにくくなります。
なぜなら、再就職先が決まっていたとしても「収入がない=返済力が低い」と判断されてしまうからです。
弾かれる可能性が非常に高くなります。

それから、収入欄に関してですが、ちょっとくらいは高めに記入した方が審査をパスしやすくなります。
融資金額が50万円未満なのであれば収入証明書が不要になるケースが大半ですからバレません。
ただ、それ以上借りる場合は収入証明書の提出が求められますので、正確に記入するようにしましょう。

ただし、極端な嘘をつくのは当然NGです。
明るみに出てしまえれば、間違いなく審査で弾かれます。
また、融資してもらってから嘘が判明した場合でも大きなペナルティーを負うことになるかもしれません。

また、返済不可能な金額を融資してもらおうとするのもやめましょう。
審査において「この人がこんな額を返せるはずがない」とみなされて、弾かれてしまうことになります。

関連記事

  1. 利息と融資の審査

  2. 自動車ローンのタイプに関して

  3. マイホームローンの固定金利とは

  4. キャッシングのせいでブラックリスト入りすると?

  5. ローンやネットキャッシングに関して気を付けたいこと

  6. クレジットカードの利点