融資の審査内容は?

キャッシング業者次第で審査の仕方や項目は違いますが、全く傾向がないというわけではありません。
月収の額・稼ぎの安定性・今借金があるのか・これまで借金をした事があるか・固定電話があるか、
などが主にチェックされると言われています。

まず、これまで借金をした経験があったとしても、普通に完済しているのであれば大丈夫です。
ですが、延滞や未納が何度かあるようなケースにおいては、審査で不利になってしまう可能性が高いです。
「キャッシング歴なんてバレるはずがない」と感じるかもしれませんが、
個人信用機関に記録が残りますので、あっさり明るみに出てしまいます。

また、年齢に関しては20~40代くらいが働き盛りと判断されて有利になります。
事業を興す場合も若い方ほど融資してもらいやすくなるでしょう。
そして、年収が高く、勤続年数が長い方が審査における心証が良くなります。

居住形態についてですが「賃貸=夜逃げされる恐れがある」「持ち家=夜逃げされにくい」という差があるで、
後者の方がイメージは良くなります。
また「スマートフォンのみ=夜逃げされやすい」「固定電話がある=夜逃げされにくい」という事も言えるので、
固定電話があった方が信頼されやすいです。
ただ、近年は固定電話がない人も多くなってきましたのでそれほど気にする必要もないはずです。

「どのような部分を審査で見られるか」という事を把握していれば、
事業用のローンなどにおいても審査をパスしやすくなることでしょう。

関連記事

  1. クレジットカードで税金を納めるには?

  2. アルバイターや学生でも契約可能なローンのタイプ

  3. クレジットカードで税金を納めるに際して気を付けるべきこと

  4. クレジットカードで税金を納めることの利点は?

  5. ローンやネットキャッシングに関して気を付けたいこと

  6. 住宅ローンの契約をする前にキャッシングに関して行うべきこと