夫(妻)のキャッシングと住宅ローン

申し入れを行った人の夫(妻)に返済遅延履歴や多額の借金があると、
本人に問題がなくてもマイホームローンの審査で弾かれる場合があります。
ただ、配偶者のキャッシング状況が関係してこないケースもあります。
では、どのようなパターンだと関係してくるのでしょうか。
それはずばり「連帯債務者」になっている場合です。

申し入れを行った当人だけが債務者であるならば、
マイホームローンや事業者向けローンなどに配偶者のキャッシング状況は関係してきません。
しかし、ローンの返済を夫婦で一緒に進めていくつもりなのであれば、
二人とも「金融事故歴(もしくはそれに類するもの)がない状態」でないと審査で弾かれる恐れがあります。

現実には、マイホームローンの「債務者」と「連帯債務者」の役割は
夫婦二人で分担して行う場合が大半です。
ですから、マイホームローンの審査に臨む前に奥様(旦那様)の借金歴なども
確認しておくことをおすすめします。
もちろん借金をした経験があっても、問題なく完済できているのであれば、
審査に影響が及ぶことはほぼありません。それは事業者向けローンなどに関しても同様です。

ちなみに、昔はクレジットカードでキャッシングをした経験があることが原因で
マイホームローンの審査で落とされる場合もありましたが、
今はそこまで厳しくはなくなりました。
ただ、もちろんクレジットカードのキャッシングの返済を滞らせたことがある場合は、
審査に悪影響が及ぶ可能性が高いです。

関連記事

  1. ブラックリストとキャッシング

  2. カードローンとクレジットカードに関して気を付けるべきこと

  3. キャッシングよりローンの方が普段使いでの利便性が高い

  4. 為替の予想が難しいときは?

  5. 住宅ローンと利息に関して

  6. 不動産を買う際に組むことになるローンに関して