3種類の資金調達方法と、それぞれのメリット・デメリットについて

3種類の資金調達方法と、それぞれのメリット・デメリットについて

会社の経営を安定して運用する為に、経営者が考えなければいけない課題が資金調達です。資金調達と言えば、銀行や公的機関の融資がイメージしやすいかと思いますが、実際には、その他にも様々な資金調達方法が存在しています。
会社の状況や経営者の希望によっては、融資よりも最適な資金調達方法がある可能性も考えられますので、まずはどのような資金調達方法があり、それぞれの持つメリット・デメリットは何なのかを把握してみる事も大切です。

資金調達方法は大きく分けると3種類

資金調達方法には、一般的に用いられる銀行融資の他、ファクタリングやクラウドファンディング、売掛債権担保融資、中小企業ファンドなど、その手段は数多く存在しています。ただ、これらの資金調達方法を大きく分類すると「アセットファイナンス」「デッドファイナンス」「エクイティファイナンス」の3種類しか存在していません。
では、これら3種類の資金調達方法が持つ特徴やメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか。

資産を現金化する資金調達「アセットファイナンス」

アセットファイナンスは、会社が保有する資産を売却するといった手段で資金調達を行う方法です。例えば、不動産、土地、売れ残った在庫、有価証券などが主な資産として挙げられます。また、支払い待ち状態の売掛債権を第三者に売却する事で現金化する資金調達方法も存在しており、これを「ファクタリング」と言います。

アセットファイナンスのメリット

会社が保有している資産を売却して資金を調達する為、基本的には会社の信用度は問われずに実施する事ができます。これはファクタリング取引も例外ではなく、債務超過や赤字決算といった信用情報の傷は、この資金調達方法にほとんど影響しません。

アセットファイナンスのデメリット

デメリットとしては、会社が売却できる資産を保有していなければ利用する事はできないという点です。また、売却した資産の価値以上の資金を調達する事はできない為、資産が少ない傾向にある中小企業や個人事業主の場合は、調達できる資金が少額となるケースもあり得ます

負債を増やす資金調達「デッドファイナンス」

デッドファイナンスは、会社の負債を増やす、要するに借金をする事で資金調達を行う方法です。最も一般的な資金調達方法でもあり、銀行融資や公的融資、ビジネスローン、手形割引など、サービスの幅も広く設けられているのが特徴です。

デッドファイナンスのメリット

デッドファイナンスは、高額な資金調達も可能としている為、一時的な資金の補完だけではなく、会社の資金力を一気に高める事もできます。その資金力を活用して、大きな収益を望める取引を行うといったレバレッジ効果も期待する事ができるのです。

デッドファイナンスのデメリット

融資には必ず返済義務が生じる為、その分会社にとっては負担となり、将来的に資金操りが困窮する可能性もあります。また、返済遅延や返済計画の見直し(リスケジュール)などが起こった場合は、今後の追加融資が受けられなくなるといった危険性もあるのです。以上の事から、デッドファイナンスは資金調達方法の中でも比較的リスクの高い手段である事がわかります。

資本を増やす資金調達「エクイティファイナンス」

エクイティファイナンスは、新たな株券を発行する事で資金調達を行う方法です。簡単に説明すると、新たに発行した株式を購入してもらって、それを会社の資金に充てるという事です。なお、インターネットを経由して個人投資家から出資を募るクラウドファンディングも資本を増やす目的で行われている為、エクイティファイナンスに分類します。

エクイティファイナンスのメリット

基本的には、株主に新株を購入してもらう事で資金調達を行う為、デッドファイナンスのような他人資本とはならず、エクイティファイナンスで得た資金は自己資本となります。
その為、原則として返済義務は応じず、更には自己資本比率の向上も望める為、今後の銀行融資などの審査においても有利となります。

エクイティファイナンスのデメリット

株式を購入した株主は、株主総会において会社の経営方針などに対して賛否を表明できる議決権を保有している為、新たに株券を発行すれば、その分、経営者の立案した計画通りに経営ができなくなる可能性があります。また、新株発行が株価に影響を及ぼす可能性もある為、エクイティファイナンスはその点を十分に考える必要があります。

関連記事

  1. キャッシングの審査申し入れはネットでできる

  2. ブラックリストとキャッシング

  3. 即日キャッシングに関して

  4. アルバイターや主婦でも利用できる銀行のキャッシング

  5. キャッシングよりローンの方が普段使いでの利便性が高い

  6. 自動車ローンの審査に関して

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。