中小企業向けの資金調達方法について

中小企業向けの資金調達方法について

資金調達というのは、事業を継続的に存続させる上で常に立ちはだかる課題の一つです。その課題解決の方法として主に用いられているのが「銀行融資」ではありますが、大手企業と比較して与信力の低い中小企業は銀行から融資を断られるといったケースも珍しくはなく、資金操りが困窮する傾向にあります。
しかし、資金調達方法というのは決して銀行融資だけではありません。

中小企業におすすめの資金調達方法とは

突発的な仕事の請負や、新規事業の立ち上げ等で必要となった場合に利用される一般的な資金調達方法としては「負債」が挙げられます。簡単に言えば借金です。
但し、会社が借金をする場合には、その会社および経営者の信用力が重要なポイントとなります。信用力が低く見られてしまう傾向にある中小企業が負債を増やす場合は、保証人や土地、不動産などの担保を求められるケースが多く、更には融資を断られてしまう可能性も高い事から、中小企業に最適な資金調達方法とは言えません。
では、中小企業にとって最適な資金調達方法とは、どのようなものが挙げられるのか、ここからはその点に注目して解説していきます。

資産を現金化して資金調達を行う方法

この方法は、会社が保有する資産、例えば売れ残った在庫や必要のないオフィススペース、更には不動産や土地などを売却して資金を調達します。資金調達に信用力を問われない事から中小企業の資金調達方法として推奨されています。
特に、資金化すべき資産として経済産業省からも推奨されているのが「流動資産」です。
流動資産というのは、通常1年以内には現金化する事ができる資産の事を言い、主に手形や有価証券、売掛金などが挙げられます。
この流動資産の資金化を目的として行われている資金調達方法には「ファクタリング」と呼ばれる取引が存在しており、現在、多くの中小企業から注目を集めている資金調達方法の一つでもあります。

ファクタリングとはどんな資金調達方法か

ファクタリングとは、会社が保有している売掛金を第三者(ファクタリング会社)に売却し、資金調達を行う取引です。この取引により、会社は売掛金支払日よりも早い段階で現金を受け取る事が可能となっています。
最終的にはファクタリング会社が売掛金を回収するという流れで取引が進む為、ファクタリング審査では利用者ではなく、実際に売掛金を支払う売掛先の信用力が重要視されるというのが特徴です。
その為、例え利用者が経営する会社が赤字決算であっても、売掛先の信用取引が高ければファクタリングによる資金調達が可能です。

中小企業の資金調達方法は他にも様々

上記で説明したファクタリングは、銀行融資を断られた中小企業でも資金をスムーズに調達する事が可能ですが、売掛先の信用度が低い場合や、売掛金の譲渡を禁ずる取引を交わしていた場合は利用する事が困難となります。
ただ、銀行融資もファクタリングも駄目だったら、資金調達を行う方法はもう無いという訳ではありません。中小企業が行える資金調達方法は、他にもまだまだ沢山存在しています。
例えば、インターネットを経由して不特定多数の人から支援を募る資金調達方法「クラウドファンディング」や、銀行よりも審査通過率が高い消費者金融の「ビジネスローン」各金融機関と提携して中小企業へ資金調達方法を提供する「融資制度」、その他、事業譲渡(M&A)や中小企業支援ファンドなど、その資金調達方法を挙げればきりがありません。
中小企業が利用できる資金調達方法は、現代では数多く取り揃えられていますので、経営状況などに応じて、どのような資金調達方法が自分の会社に合っているのかを検討する事も、資金操りを考える上で重要なポイントの一つとなります。

関連記事

  1. マイホームローンの変動金利とは

  2. オーストラリアドルの為替相場と歴史

  3. 為替の予想が難しいときは?

  4. ファクタリングとはどのような資金調達法なのか?

    ファクタリングとはどのような資金調達法なのか?

  5. ブラックリストとキャッシング

  6. カードローン企業の審査に関して

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。