ファクタリングで資金調達できる仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングで資金調達できる仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングは、融資に頼る事なく資金調達ができ、更には債務超過や赤字決算を抱えた企業であっても取引可能としている事から、主に中小企業や零細企業から注目を集めている資金調達方法です。
経営状況が悪化している企業でも利用できるという点で、少し怪しい取引なのではないかと疑問を持ってしまうのも無理はありませんが、ファクタリングの仕組みを理解できれば、その理由にも納得ができるはずです。
そこで今回は、ファクタリングで資金調達ができる仕組みについて、分かりやすく解説していきます。

ファクタリングの仕組みについて

日本の企業間取引では、主に商品やサービスを先に提供し、代金は後から受領する信用取引が行われています。この信用取引で商品を提供した側の企業には”取引先から代金を受領できる権利”が発生し、この権利のことを「売掛金(売掛債権)」と呼びます。
ファクタリングでは、この売掛金をファクタリング会社に買い取って貰う事で資金調達を可能としている取引です。売掛金は、期日を迎えれば取引先から支払われる事になりますが、それまでは未収の状態です。その間に資金運用を安定させる、または改善させる目的でファクタリングは利用されています。
簡単に言ってしまえば売掛金の前払いです。支払い期日を迎えればファクタリング会社が売掛金を回収し、取引が完了するという仕組みです。
なお、ファクタリングの取引形式には2社間と3社間ファクタリングが存在しており、その仕組みの違いは以下の通りです。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングは、ファクタリングを利用する会社と、ファクタリング会社の2社間で行う取引です。売掛先(取引先)には売掛金売買の通知を一切しない為、支払期日を迎えれば、売掛金はファクタリングを利用している会社に支払われます。
その為、2社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用している会社が一度売掛金を回収し、それをファクタリング会社に入金するという仕組みで取引が終了します。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社へ売買(譲渡)する旨を売掛先へ通達し、承諾を貰った上で行う取引です。支払期日を迎えれば売掛先がファクタリング会社に直接売掛金を支払い取引が終了します。

ファクタリング取引中に売掛先が倒産すると?

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社が買い取り、その売掛金を回収する金融サービスです。その為、もし売掛先が倒産してしまった場合は売掛金回収不能となり、ファクタリングを利用した会社に請求が行くのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。
売掛先が倒産した場合、利用者にその金額の支払いを請求する事ができる権利「償還請求権」というものがあるのですが、日本のファクタリング会社の多くは償還請求権を持っていません。
この償還請求権がないファクタリング取引を「ノンリコース」と言い、この取引において売掛先が倒産した場合、その負担はファクタリング会社が負う事になります。
その為、利用者側からすれば、ファクタリング取引は売掛金を売れば、その時点で実質取引が完了となります。
但し、ファクタリングを提供する全ての企業がノンリコースとは限りませんので、その点は注意して下さい。

売掛債権担保融資と仕組みが似ているので注意

売掛債権担保融資とは、売掛金を担保として金融機関から融資を受けるサービスであり、その仕組みがファクタリングと酷似している事から、よく間違われるサービスの一つです。
売掛債権担保融資は、売掛金の買取ではなく、あくまで融資ですので、売掛金が焦げ付けばその責任の全ては利用者が負う事になります。
売掛債権担保融資をファクタリングとして提供している会社もありますので、売掛先の倒産リスクを回避する目的もあってファクタリングを利用したいという方は注意が必要です。

関連記事

  1. クレジットカード決済で発生する割引とは?

  2. クレジットカードでマイルをどんどん貯めるには?

  3. FXでオーストラリアドルを運用する際の注意点

  4. クレジットカードで税金を納めることの利点は?

  5. 夫(妻)のキャッシングと住宅ローン

  6. 低利息のキャッシングを低コストで使うには

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。