ファクタリングとはどのような資金調達法なのか?

ファクタリングとはどのような資金調達法なのか?

日本の企業間取引(BtoB)では、一般的に商品やサービスの提供を先に行い、それに対する代金は後から受領する信用取引が行われています。
この信用取引のような後払いシステムでは、取引先企業から代金を受領する前に資金不足に陥ってしまうリスクが存在しており、この問題を抱えている企業も少なくはありません。
このような信用取引によって発生するリスクを回避する為に、現在注目を浴びているのが「ファクタリング」です。

ファクタリングとは何か?

信用取引を行った場合、商品やサービスを提供した企業は、取引先から期日までに代金を受領する権利「売掛金(売掛債権)」が発生します。この売掛金を第三者に売却する事で、代金支払いの期日前に資金を調達できる取引が「ファクタリング(factoring)」であり、売掛金を買い取る第三者は、主にファクタリング会社となります。
ファクタリングによる資金調達後、ファクタリング会社が直接売掛先(取引先企業)から売掛金を回収する、またはファクタリング利用会社が売掛金を売掛先から回収してファクタリング会社に振り込むというフローでファクタリング取引は完了します。

ファクタリングの活用例

例えば、建設会社などでは、施設の建築を請け負った場合、施設の完成後に代金を受領するのが原則となる「請負契約」が一般的となります。この場合、施設が完成するまでは入金が無い為、請負会社には建設費用に伴う資金操りが厳しくなるというリスクが発生します。このようなケースでファクタリングを利用した場合、施設の完成後に入金される売掛金を早期に現金化する事ができ、資金操りの改善を図る事ができるのです。

ファクタリングには2種類ある

売掛金を売却する事で資金調達を可能とする一般的な買取ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングとは、売掛先に売掛金を第三者へ譲渡する連絡をせず、ファクタリング会社とファクタリング利用者の2社間で取引を完結させるファクタリングになります。
売掛金の売却後、利用者は売掛先から売掛金が支払われ次第、ファクタリング会社にその売掛金を支払い、取引が完了します。
売掛先に知られる事なく売掛金を売却でき、更には売掛先への承諾手続きなどが一切不要となる為、最短即日での現金化を可能としているのがメリットです。一方、ファクタリング会社は売掛先から直接売掛金の請求をする事ができない為、売掛金回収不能に陥るリスクは高く、それに伴って手数料も高めに設定されているのがデメリットです。

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとは、売掛先承諾の元、売掛金をファクタリング会社に売却して資金調達を行う取引になります。この場合、売掛先への売掛金回収はファクタリング会社が行います。
ファクタリング会社は売掛先へ直接売掛金の請求ができる為、その分回収不能リスクは低く、それに伴って手数料も低めに設定されているのがメリットです。一方、売掛先へ売掛金の売却を承諾してもらう必要がある事と、その承諾を得る為の段取りや資料作成が原因で売掛金が現金化されるまでに時間がかかってしまうなどのデメリットがあります。

ファクタリングの注意点とは

ファクタリングには手数料というものが存在しており、2社間の場合は10~30%、3社間の場合は1~5%程が相場です。ファクタリング会社によって手数料の設定は異なりますが、いずれにしても売却した売掛金の100%が現金化できるという訳ではありません。
また、ファクタリング手数料以外にも、事務手数料や、ファクタリング契約に伴う出張面談の交通費などが追加で発生するケースも多いです。その為、各ファクタリング会社の公式サイトなどに掲載された情報だけで手数料を判断するのではなく、実際にファクタリング会社の担当者と相談したうえで、どれほどの手数料が発生するのかをしっかりと確認しておく必要があります。

関連記事

  1. 不動産を買う際のローンで弾かれる場合のチェックポイント

  2. ファクタリングの意味について誰でもわかりやすく解説

    ファクタリングの意味について誰でもわかりやすく解説

  3. アルバイターでもローンの契約が可能なクレジットカード

  4. ネットキャッシングとローン

  5. ビギナーがキャッシングの申し入れをする際に気を付けるべきこと

  6. 年会費0円のクレジットカードの活用方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。