不動産を買う際のローンで弾かれる場合のチェックポイント

不動産ローンに関しては、その不動産そのものが担保になるので、融資金額が高い割には審査の難易度がやや低いと見られています。
ですが、もちろん必ず審査をパスできるというわけではありません。
では、「不動産ローンの審査で弾かれる理由」としてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、これまでに債務整理(任意整理、自己破産など)を行ったことがある場合はまず間違いなく弾かれます。
それから、借金の返済が数カ月滞ったことがあるなど、返済に関して問題を発生させたことがあると審査で落ちやすくなります。

「一定以上の返済力があるか」という部分に、ローンの審査では重点が置かれます。
そのため、収入が安定していない(収入にバラつきがある事業主の方なども該当します)、勤続年数に難がある、高齢である、などのケースでは審査で弾かれやすくなってしまいます。

ちなみに審査で弾かれたとしても、「なぜ弾いたのか」を明確に伝えてくれることはありません。これは事業用ローンなどに関しても同様です。

審査をパスしやすくするには、頭金を準備しておくのが手っ取り早いです。そうすれば、心証が良くなるので審査で有利になりますよ。

この頭金に関しては、家族や親類に借りておくという手もあります。
ただ、銀行や消費者金融に融資してもらって頭金を作ってしまっては本末転倒です。
「他の金融機関からの借り入れ」があればあるほど審査において不利になってしまうからです。

関連記事

  1. 中小企業向けの資金調達方法について

    中小企業向けの資金調達方法について

  2. アルバイターが契約可能なローンの契約を行う前に

  3. キャッシングのせいでブラックリスト入りすると?

  4. キャッシングの審査申し入れはネットでできる

  5. 金融機関から中小会社が融資を受ける方法

  6. 自動車ローンのタイプに関して